読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sh101's blog

シンセとラジオの40数年。

名古屋のラジオはいろんなことになっておりますが。

名古屋のAMラジオ界は、CBCラジオ東海ラジオという、文化のまるで違う放送局が双方を意識しながら作り上げてきた歴史があります。
セッツインユースを見れば首都圏や関西圏と大して変わらないのに「名古屋のAMラジオ文化は濃い」と言われるのは、パーソナリティ、リスナー、スタッフの関係が濃密だからだと思います。
その意味でかの方は、そのイメージを良くも悪くも体現していた方でした。

その一翼が失われたことで、放送文化のかなり大きな部分が欠落したことは否定できません。
今後の名古屋ラジオ界が、この事件を乗り越えて新たな文化を作ることができるよう祈ってますし、自分もそれに貢献できる働きをしたいと思っております。