読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sh101's blog

シンセとラジオの40数年。

いまさらのCDレーベル。

ラジオ マル秘 音楽

先ほどのエントリーに絡めてのハナシです。
実は昨年から社の新規事業としてCDレーベルを運営しております。


AR Records facebookページ

「なんでいま頃CDやねん」とか「時代は配信だろ」とか「時代はパーシャル!」という声は社内でもありまして、そこはまぁ自分なりにじっくり考えた結論なんで、ここはひとつ「すっこんでろ」という穏やかな心持ちなんですね。

別に音楽産業に打って出ようというわけじゃなく、あくまで「お金をかけてしっかり作った番組グッズ」という位置付けなんですよ。

昔のラジオ番組では、採用した投稿者に番組ロゴ入りの記念品を送ってたものですが、ここ10数年は経費削減により、グッズが全く作られない状況が続いていました。

CDであれば、番組アーカイブも収められるし、番組連動の楽曲を作ることもでき、何と言ってもブックレットでビジュアルも付加できます。
番組に広がりを持たせ、また何年か後に思い出してもらうには最適だと考えたわけです。

いつか卒業するけれど、また社会的ポジションが安定すると戻ることのできるメディアですし、思い出というのも結構重要なんですよ、ラジオの場合。
「特製待ち受け画像」なんて、皆さん削除してますよね、すでに。
やはり思い出していただくには、モノだと思うわけです。

「リスナーさんからお金をとっちゃおしまいよ」という声も理解はしますが、だからこそ我々作り手としては、番組と同等、もしくはそれ以上に熱を入れられるという側面もあるわけです。
「仏作って魂入れず」と言うように、出来上がったものに誰も熱を感じてくれなくてお買い上げいただけなければ、とっとと撤収します。

とは言え、立ち上げて8ヶ月でCD4枚、DVD1枚。お試しでリリースした1枚を除き全てがペイ出来ています。
電波ほど利益率が良いわけでもなく、在庫のリスクを考えると同業他社様にお薦めできないですが、単純にカタログ増えるの楽しいなというところで、無理なく長く続けていきたい所存であります。