sh101's blog

シンセとラジオの40数年。

bandcamp始めてみた。

えっと、bandcampにアーティストページを作りました。

これまでもSoundcloudに作品を公開してはいるんですが、「やってみた」的なスケッチや他の人に書いた曲のデモなど非公開音源も多く、倉庫みたいな使い方になってました。

で、先日からaigp名義で曲を公開し始めたこともあり、完成品だけ置くために別アカにするか悩んでおりまして。
挙げ句、bandcampでもアップしていこうかなと至った次第です。

11/1現在、KORG ELECTRIBE Waveのみで作った4トラックを公開しています。
今のところは週1曲ペースでアップしてますが、今後は正直なところわかりません。

曲ごとの画面で「100円」とあるので腰を抜かす方もいるかもしれませんが、専用アプリからストリーミングするなら無制限再生、のことなのでぜひ。検証してないけど。

高橋ユキヒロ、再起動。

先日のYMOベスト盤『NEUE TANZ』が巷でHOTな中、高橋幸宏さんのファースト・ソロアルバム『Saravah!』が復刻されました。

いや、復刻というのは正しくないか。

1978年に収録されたバックトラックはそのままに、ヴォーカルを40年ぶりに新録、ミックスダウン&マスタリングされました。
アルバムタイトルも『Saravah Saravah!』としてリブートされたわけです。まあ『シン・ゴジラ』のようなものですかね違いますね。

そしてアーティスト名は「高橋ユキヒロ」。38年ぶりの表記復活です。
そりゃね、「高橋幸宏」で検索したって出てきやしねぇってもんです。

Saravah Saravah !

Saravah Saravah !

このアルバム、小生にとってはYMO界隈を何十年も聴き続けることになった動機のひとつでもあります。

YMOブームの最中、小学6年生だったアタクシは、FMラジオでユキヒロさんのソロ曲を聴き、ネスカフェも真っ青のヨーロピアブレンドっぷりに「えっ、テクノじゃないけどすげぇカッコいい!」と感動したわけです。ところが曲終わりにタイトルを言わなかったのです、クソDJが。

ひとまずレコード店に貯金を全額持参し、当時リリースされたアルバム『NEUROMANTIC』を購入したわけですが、ついぞこの曲は発見できず。
無論このアルバムも傑作ではありましたが、「その日は、みんなでネ。」じゃねーだろ、いつ来るんだよ、俺があの曲を聴ける「その日」はよぉ…と帯を見ながら悲嘆に暮れておりました。

それから中学に上がり、若干お小遣いも増額され、メンバーのソロ作を買ったり友人にダビングを依頼してるうちにようやく出会ったのがオリジナル版『Saravah!』。
僕がFMで知った曲は「LA ROSA」でした。

『Saravah!』はサディスティックスが空中分解しつつ、YMOに加入したばかりのユキヒロさんが多数の友人を招き、坂本教授にアレンジを託して完成させたわけですが、ほぼスタジオミュージシャンによる生演奏。

YMOに向けた習作の色濃い「MOOD INDIGO」も教授の手弾きなんだそうで、まあ才能爆発ですな。

本作と後にスネークマンショー『戦争反対』で発表される「今日、恋が」など、坂本教授の生オーケストレーションと幸宏さんのコラボに外れなし。

今日、恋が

今日、恋が

暑苦しいジプシー・キングスでおなじみの「VOLARE」やレゲエアレンジで再構築された「C'EST SI BON」といったカバー楽曲のセンスもバッキングも素晴らしく、細野晴臣さんの『泰安洋行』に並ぶシティポップス、いや加工貿易ポップス(©北中正和)の傑作として手離せない一枚です。

なお、ヴォーカリストとしてのユキヒロさんは、サディスティックス時代の甘い声から「フーマンチュー唱法」へのミッシングリンクともいうべき、抑揚を抑えた低音気味の歌唱を披露し、この時期独特の雰囲気がありました。

それから40年後に新録されたヴォーカルは、80年代初頭に会得したブライアン・フェリー直系(爬虫類系)節回し、90年代の「幸せひとり占め」「三国一の幸せ者」「思わず幸せになってしまいました」の大人の恋愛三部作を経た、健気で繊細でシニアエイジで抑揚アッパーとなっており、かなり印象が異なります。
メロディラインの起伏が激しい「BACK STREET MIDNGHT QUEEN」はその真骨頂かと。

30数年も聴いてきたこともあり、まだ慣れてないゆえところどころで「あれ?」と思う節回しも正直ありますが、当時のキーそのままなのにオリジナルよりハイ気味で歌える60代ヴォーカリストはなかなか稀有だと思います。再結成して日本で稼ぐ老いぼれバンドどもに聴かせてやりたいですわ。

新たにマスタリングされた音像は、オリジナル盤にあったハモンドやエレピなどの中低域のモゴモゴが整理され、ステレオ分離もよりクリアに。ミュージシャンたちの往年のプレイを存分に楽しめます。

教授による唯一インストの「ELASTIC DUMMY」も多分に漏れずクリアに蘇っております。松木恒秀さんや和田アキラさんもセッションに加わっているのか、70's大野雄二感濃厚でそのまま70's日テレのバラエティに使えそうですな。

で、僕をポップスに引きずり込んだ「LA ROSA」ですが、よく聴くと若干音数が整理されているようで、Aメロのバックにいたハモンドがミュートされていたり、同じくハモンドソロの歪みが抑えられていたりします。この辺りはマスタリングではなく、ミックスで手が入れられているんだろうなと。

いずれにせよルーツ音楽を臆せず晒したソロ作があるからこそ、我々も界隈で豊富な音楽体験をさせていただけるわけです。ああ有り難や。

ちなみに11月にはオリジナル『Saravah!』もリマスタリングで再発されるとのこと。

こうなると『音楽殺人』のリマスタリングにも期待してしまう、そんな2018年の秋であります。

YMOはやっぱすごいわ(小並)

はてな無課金ユーザーなので、このブログを見る方について細かい分析などまるでできないし、する気もほとんどないんですけども、まあおそらくYMOが大嫌いだという人はいないと思うんですよね。適当な想像ですけども。

織田信長の死んだ歳と同じ僕なんかモロですからね、世代的に。
シンセサイザー道なんかに足を踏み入れて廃人になったきっかけが平沢進さんならまだしもTMNのわけがない。

そりゃもおYMOですよ。信者なんてもんじゃないっすよ。全アルバムの収録曲を順にすらすら言えなければこの峠を越えさせないよと、そんな中年ですよ。

それはともかく、AppleMusicで見つけたんですよ、こんなアルバム。

NEUE TANZ

NEUE TANZ

テイ・トウワさんが選曲、砂原良徳さんがリマスタリングという、実に2010年代YMO界隈な人選ですが、僕にとっては世代がほぼ一緒でセンスも近いご両人(誇大妄想)ゆえ、収録曲はもう納得尽くです。

は?ライディーンテクノポリスだと?そんなもの捨ててこいよっていう、ね。

思えば、あの「CAMOUFLAGE」が入ったベスト盤なんてなかったし、YMOだっつってんのに高橋幸宏さんの「GLASS」、教授の「RIOT IN LAGOS」や細野晴臣さんの「SPORTS MEN」といったソロ作が入ってようが、「僕はいいと思うけどな」としか言いようがない。
細野さんのソロならここは「PLATONIC」一択だろ、なんて意見はひとまず伏せておくけれども。

ともかくこのベスト盤、まあさんざん出尽くした感のあるベスト盤、かつて「アルファ商法」なんてこき下ろされたベスト盤ではありますが、本作はまあ騙されたと思って聴くと良いです。
リマスタリングというのは実に素晴らしいと感心するばかりですから。

たぶん『BGM』の収録曲なんてどれも1,000回は聴いたはずだし、寝ながらヘッドフォンで研究に近い聴き方をしたことも何十回とありますが、本作を聴くと「まだこんな音が埋もれてたのか!」と世界ふしぎ発見間違いなし。

YMOの音は全部聴きこんだつもりでしたが、いや、これは大袈裟でなく目からウロコ、耳からもウロコがこぼれます。

今さら20歳以上歳の離れた人たちに「おい、そこの若いの、俺のYMOを聴いてくれ」なんていう気はないですけども、老眼や肝臓の数値が気になり始めたRipe Ageにこそお薦めいたします。

ということで、2年ほど前にKORG Gadgetでコピーした「Nice Age」を紹介して本稿を締めさせていただきます。

耳コピで作っちゃったんで『NEUE TANZ』版を聴くと、全然フレーズが拾えてなかったことやスネアのチューニングの違いに気づき恥じらいを禁じ得ません。
まあこの曲はオリジナル同様カットアウトしてほしかったな、蛇足ですけども。

ELECTRIBE Waveは、とにかく捗る。

ズバリ言って(©アントニオ猪木ELECTRIBE Waveでの曲作りは快適さが半端ねえんです(一部を除けば)。

あえてカッコ書きしたのは、パターン間で特定パートのシーケンスのやりとりができないことなんだけどね。
まあ、これはいずれバージョンアップでなんとかなるんじゃないかと勝手に期待しております。

ソングの組み立てがKORG Gadgetとはまったく異なるので、どちらが良い悪いとは言いづらいのだけど、一筆書きのように作曲を始められるのは嬉しい。

というわけで、3週連続で曲が1曲ずつ仕上がってるわけで、飽き性の僕にしては相当レアですよ。

ELECTRIBEシリーズの特徴は、フィルターではなくモジュレーションで音作りができる点。
このELECTRIBE Waveでは、パンやエフェクトまでモジュレーターにぶっ込むことができ、おまけに波形にはS&H(サンプル&ホールド)まである。まさにゴッチ直伝(ちょくでん)であります。


「直伝」は「ゴッチ」が付くと「ちょくでん」と読みます。くれぐれも。

特にDELAYやGRAIN SHIFTERをアサインすると、橋本真也もかくやというほど予測不能な破壊っぷりをしてくれるのがたまらない。
さらにMOTIONタブを併用すれば、特定ステップでDEPTH=ゼロワンにしたりと、破壊王を制御できてしまうのです。


MOTIONタブではほぼすべてのパラメータが制御可能

KORG Gadgetでも同じようなことはできるんですが、シーケンス画面で目当てのパラメーターを探すのに、延々と縦移動させられるので、ズバリ言ってめんどくせえんです(©アントニオ猪木)。
とにかくELECTRIBE Waveはパラメーターの呼び出しが快適なわけだ。いやわけです。

今回の曲はひとつのパターンでフレーズをきっちり作っておいてから、コピー先でいろんなパートをグレインしまくったりトランスポーズしたりパンを振りまくったり、という作業で作ってます。

しばらくはこんな感じのリズム遊びが続きそうであります。

CANDIES BEAT 早過ぎた傑作?

自分の曲ばかり聴きすぎてバカになりそうなので、解毒剤としてキャンディーズの話題をしよう。

本当にバカになったと思うなら思えばいい。キャンディーズ、いいじゃないか。

1969年生まれの僕にとって、アイドルと言えば一億総ピンクレディー状態だったのだが、ドリフはおろか伊東四朗&小松政夫をも相手に、攻めたコントを披露していたキャンディーズも捨てがたかった。

ただ、音楽面では当時(1977年頃)最高のテクニックを誇った都倉俊一氏によるピンクレディーの方が洗練されていて、どこか野暮ったい曲調の多かったキャンディーズを評価できなかったのだ。返す返すもませたクソガキである。

そんなクソガキが大学に入って間もない1989年頃、近所のレコードショップでこんなアルバムを手に入れた。

CANDIES BEATS

CANDIES BEATS

アーティスト名はCANDY POP POSSE。ジャケットの顔画像は明らかにラン・スー・ミキ。
つまり本作は本邦初・空前絶後キャンディーズのリミックスアルバムなのだ。

なんとなく話のネタに買ってクレジットを見ると、プロデューサーは松浦雅也氏。

この年の松浦氏は、正月にホラー映画の『スウィートホーム』(黒沢清監督)でフェアライト尽くしのオーケストレーションを披露したかと思えば、夏にはうっかりマスタリングでレスリースピーカーを通しちゃったかと疑うほど超ストイックなPSY・Sの『ATRAS』(個人的には最高傑作アルバム)をリリース。

その直後に手掛けたと思われる企画がこの『CANDIES BEAT』である。乗りに乗ってる一年だったのだろう。

キャンディーズと松浦氏。レーベル以外何の接点もなさそうなのだが、とにかくマルチから素材を抜いてロンドンへひとっ飛びし、現地の新進気鋭DJたちにリミックスさせちゃったのである。ジャンルとしてはハウスである。

が、いま聴くとさほどドープな感じはなく、一方でノベルティ感もない。
キャンディーズという日本歌謡界の大ネタを使いながら、マニア向けとしてもオリジナルのファン向けとしても半端な感は否めない。

ただ、個人的に大きな収穫はあった。それは松浦氏自身がミックスとプログラミングを手掛けた「SYMPHONY OF PATHOS(哀愁のシンフォニー)」である。

ハウスと呼ぶにはややスネアが出張り過ぎる(好事家向けに言えば、フェアライト感が強い)のが難だけど、原曲の雰囲気を最低限残したアレンジが施され、楽曲の良さが際立っている。

このリミックスを通じて、僕は10数年ぶりにこの曲の良さを知ることができた。意外にも、後年荒木とよひさ氏とテレサ・テンを調教する三木たかし氏の曲だったのね。

本作で松浦氏が単独で手掛けたのは、この曲と「年下の男の子」である。
後者は大ネタゆえパリピ感たっぷりで、さぞかし他のリミキサー陣の手本となったの思えるのだが、「哀愁のシンフォニー」の方はいかにも氏の好きそうなマイナー調ゆえ、譲れなかったのではないか、と邪推している。

ちなみに往年のヒット曲のリミックスやセルフリメイク物が世に溢れるのは1992年あたり以降である。
当時、既存曲のリミックスにおける成功例は、大瀧詠一氏プロデュースによる「さいざんすマンボ」程度だったと思う。

しかるにこの『CANDIES BEAT』は、当時意外なほど話題にならず、今もってキャンディーズディスコグラフィーにも掲載されていない。

ユーロビートからハウスへ、ディスコからクラブへと向かう最中、やや早すぎる作品だったのかもしれないし、あまりにもメロディアスな素材が、ハウスというミニマルの発展系サウンドとミスマッチだった気もするのよね。
UKリミキサー陣は思い入れがない分、割り切ってるようだけれど。

まあ何と言えばいいのか、坂本龍一教授がYMO第二次ワールドツアーでニューウェーブを目指しつつ、自ら作ったメロディに勝てなかったという、あの苦い体験を松浦氏も感じたのかなぁなどと思いを馳せるのであります。

最後になりますが、僕は誰が何と言おうと圧倒的にミキちゃん派である。

新譜PVを作ってみた。

前回に続き、動画公開のお知らせだす。

ELECTRIBE Waveで作ったトラックをSoundCloudにアップして、ふと履歴を見ると20曲ほどの小品が。

2012年あたりから主にiOSアプリで作ったものが多いんだけど、中にはmonotribeをフィルターにしてみたり、Roland SYSTEM-1のアルペジオやTB-3のシーケンスをWAVにしてiPhoneで発展させたりと、ハードを駆使した曲もそれなりにありました。

しかし、そのほとんどがまさに「小品」と書きたくなるほど短い、1〜2分のトラックばかりなので、プレイリスト化して置いとくよりは、何かまとめようと思ったのであります。

で、30秒前後に編集して映像を付け、架空のアルバムダイジェストにしてみたのが、この動画という次第。

ついでに音楽活動において何か名乗ろうと思いまして。ほら、コーネリアスとか、オリジナル・ラヴとかエイフェックスツインとかさ。

でもどうせ名乗るのなら、英語圏の方が見て「何じゃそれ」というものにしようと、「A.I.G.P.(オルタナ国際グランプリ)」に決めました。

飽きなければ、今後はこの名で活動しようと思います。
まあ、ライブはめんどくさいのでしませんけれども。

フルサイズ楽曲はsoundcloudでアップしとります。

ちなみにトラック1の"NEU YEAR"はちょうどこのブログを始めた頃、volca keysをひたすらダビングして作った曲。
トラック10"SOMETHING ELSE"は、KORG M01Dで初めて作った曲。
その他はいろいろ混ぜたので、記憶にある機材とアプリを列記しておきます。

Roland
SYSTEM-1/TB-3
YAMAHA
TNR-1/Yamaha Synth Book
Moog
Minimoog Model D/Animoog
KORG
KORG Gadget/ELECTRIBE Wave/KORG Module/
ikaossilator/kaossilator2/monotribe/monologue/
mini kaoss pad 2/volca keys/volca beats/M01D/
DS-10 plus
iceWorks
ARGON Synthesizer
NATIVE INSTRUMENTS
iMaschine 2

KORG ELECTRIBE Waveの習作公開。

元気ですかあー!元気があればなんでもできる!
血糖値を下げる薬があれば長生きできる!1日5錠っダーッ!

さて、アントンはさておき、KORG ELECTRIBE Waveをインスコして3日。
機能の習得を兼ねて作ってみた曲をうpしてみましたよ。
もうね、このインスコだのうpだのっての書いちゃうがアラフィフネット外道の情けなさですな。

ま、それはともかく曲のタイトルは、たまたま上の画像に使ったフォントの名前から拝借しました。
まあ速報的にできたパターンを繋いだだけで、トータル2分もないので、サクッと聴いてやっていただければ幸いです。

で、打ち込んでみて気づいたことを少々。

ドラムパートのシーケンス画面にあるROLLは、ものすごくありがたい機能ですな。打ち込んだステップに対して1/2から1/4の音符でロールしてくれるんだけど、これ、シンセパートにも欲しいなと思いました。

それからトータルエフェクトは、ソング側でもコントロールできるといいなと。
マスターコンプの設定など、微妙なパラメータを修正のたび全パターンを直すのもなかなか骨が折れます。
パターンから持ってくるか、ソングとして新たに設定するかのチョイスができたらいいなと。

それからモーションシーケンスを多用したパターンが、ソングで聴くと処理落ちしちゃう件。
パッド系もノート長に気をつけないとループさせた時に音が鳴らなくなる不思議な現象もありました。

ソングで鳴らした時の不具合は、余計な音をイレースしたりレングスを短くしたりで対処したので、逆に聴きやすくなったかもしれませんけれども。

何はともあれ芸術の秋、ソファで寝ながら音楽を作るという醍醐味はiPhoneゆえですな。所要時間=10時間てなとこですが、現場からは以上です。