読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sh101's blog

シンセとラジオの40数年。

ラジオをテキストに乗せる意味。

ラジオ マル秘

たまに思い出すのだけど、このブログは40代後半の男がシンセときゃっふきゃっふ戯れるだけのブログではなく、一応本業としてのラジオ界隈についても記事をアップしています。
よく忘れるのだけど。

ということで、仕事としてこういうサイトを始めました。

まぁ「番組情報サイト」と名乗ってますが、とどのつまりは自社番組をソースにしたキュレーションサイトとでも言うべきものかなと思います。
まあ今が戦国の世なら「キュレーション」というだけで抜刀に至る野武士の方々も多いと思われますが。

冷めたイヤなヤツですよ、僕は

ラジオ番組を記事化する試みは、すでに多くの東京キー局が取り組まれており、取り立てて我々のサイトが新しいわけではありません。
それどころか、構築にあたった僕ですら、1年前まで「なんで記事化なんかするんだろう」と考えておりました。

今からちょうど10年ほど前、僕の勤務先以外の全局がポッドキャストに乗り出したことがありました。ポッドキャストに手を出さなければラジオは消えてしまう、そんな危機感から始まった雨乞い祭りのようでした。

広告主のニーズとの不釣り合い、無料配信、ライブ感の喪失、そして一度始めたら簡単にはやめられない宿命。
美しく言えば「番組をより広く伝えたい制作者の熱い想い」なのでしょうが、僕は民間放送の原則から外れた自爆行為と考えていました。今もその考えはさほど変わっていません。

あの頃、僕はかなり冷めた目でこの祭りを見ていました。それに似た感覚を、記事化に対しても、実は持っていました。

俺にも夢を見せろコノヤロー

ところが、その感覚が変わったのはradikoタイムフリー、そして民放連のシェアラジオ啓蒙の開始でした。
番組の美味しいところを頭出しの上、URLというテキストベースで拡散できるシェアラジオは、業界各位にいろんな夢を見せるには絶好の仕掛けでした。

およそ2,000万のダウンロード数を誇るアプリ、radiko.jpですが、月間のユニークユーザーはその半分強。
単純に言えば、残りの半分弱のユーザーは起動しないままということになります。あたかも避難袋に突っ込まれた手回しラジオ同然に忘れられているわけです。

ツイートやフィードで話題になれば、眠ったradiko.jpを立ち上げようというユーザーも増えるはず。聴取率の調査対象にはならないにしろ、テレビが録画率をカウントするようになったご時世、それは誰かが解決するでしょう。いざとなればradikoにはアクセスログだってあるわけです。
これに期待しないラジオ関係者は皆無だったでしょう。

不満を口にすると幸せが逃げる

しかし12月にもなると「もうちょい拡散されると思ったんだがなぁ」という私感も芽生えるのです。
そこで社の幹部に「番組名とバナーだけシェアされても、わざわざクリックするもんですかねぇ」と疑問を呈したわけです。

これが翌月になって、自分の発言収穫祭やら、人との縁やら「こういうサイトを作りなさい」との特命が下りるやらで、こういうサイトを作ったということなんですね。

こういうサイトはシェアラジオをきっかけに考案した、という動機の他は、こちらで書かれたお話と趣旨は変わりません。

http://s.news.mynavi.jp/articles/2016/08/12/tfm/

あと下の記事のように、名古屋のエンタメ界が各地から注目されているというハナシもあちこちで聞いていたので、そのSEO対策としても考えてました。ホント、名古屋はエンタメ処になってるわりに情報が少ないのです。

構想時点で、エンタメのみならずネタは結構な分量があると確信していました。自局は情報番組の割合も多く、またそこそこローカルネタもあり、パーソナリティありきの番組でも日に数コーナーは時事ネタを扱ったり、専門家に取材している。
少なくともコピペで済ますメディアより、信頼度の高い、血の通ったコンテンツが多いという自負はありました。

もちろんそれを誰が書くかという問題も、なんとかギリギリで回避してきてるわけですが。

終わったものをあれこれ言える幸せ

そして広報の立場で言えば、タイムフリーとこのメディアのおかげでオンエア後番宣ができるというのが何よりも大きかったわけです。
そもそもラジオ番組はパーソナリティと放送時間以外に告知要素がないんですね。とりわけAM局の番組は、前回より面白いかどうかなんて始まるまでわからないわけです。

だからオンエア後にアタマがhotになってるスタッフが書いた放送後記では伝わり足りない、と思ってました。
いや、聴いた人には有効かもしれませんが、未聴の人にはあまりにも不親切なものが多かった、ということです。

そんなこんなで、ひとまずアクセス数のマネタイズ、タイムフリー聴取者数の営業的利用法というふたつの課題を抱えながらも、損にはならないだろうと始めた、こういうサイト。

まだ人的にも経済的にも安定してないので、僕自身がほぼ毎日1、2記事で駄文を書き殴ってますが、良かったら覗いていただけると幸いです。

monologue機能あれこれ。

さてmonologue購入から2日、寝る時間を削りながら遊んでいるわけですが、シンセサイザーってこんなに楽しかったっけ?という発見が続々と。
手弾きプレイもいいですが、monotribe同様シーケンサーとの組み合わせでこそ生きるシンセだと実感します。

さて、音作りがとてもカンタンなmonologueですが、イニシャルから作ろうとすると、時折「これ、できないのかな」という壁に当たります。
パネルのノブやスイッチがシンプルな分操作がしやすいんですが、機能まで削られてるんじゃないかと誤解してしまうケースもあるのでは?
と老婆心ながら、いわゆるTIPSを書いておこうと思った次第です。


●シーケンスのプレイ
KEY TRG/HOLDボタンを押して鍵盤を押すと、シーケンスが再生されますが、手を離すと止まってしまいます。
シーケンスを継続させたい時はKEY TRG/HOLDボタンを長押ししましょう。
もちろん押した鍵盤に追随してフレーズもトランスポーズしていきます。ただし押したトリガーで1ステップ目からスタートしますので、タイミングには要注意。

●パネル・ロード機能
音色をエディットする時、現状のノブやスイッチの位置を反映してくれる、ありがたい機能です。
SHIFTボタンを押しながらPLAYボタンを押すと、ディスプレイに“Load Panel”と表示され、音色にパネルの設定がそのまま反映して音作りが始められます。

●VCO
SHIFTボタンを押しながらVCO2のPITCHノブを回すと、半音単位でチューニングできます。

●EG
SHIFTボタンを押しながらINTノブを回すと、EGのかかり具合がマイナス方向に作用します。

LFO
SHIFTボタンを押しながらINTノブを回すと、LFOのかかり具合がマイナス方向に作用します。

●エディットモード
ポルタメントの設定やスライダーへの機能アサイン、MIDI関連などパネルにない機能はエディットモードに集約されています。

例えばイニシャルからVCFの自己発振でシンセドラムを作ろうとすると、どの鍵盤を押しても同じ音しか出ません。
そんな時はエディットモードのPROGRAM EDITに入り、8番のボタンを2回押し"Cutoff Key Track"というパラメーターを50%または100%にしてみましょう。
ま、このパラメーター、デフォルトで100%になってるといいんですけども。

あとはスライダーとパラメーターのアサインはいろいろ試す価値があります。スライダーは手を離すとバネ(?)でゼロポイントへ瞬時に戻るので、LFOのレートを100%にして一気に戻すなど、手弾きでもシーケンスでもトリッキーなプレイが楽しめます。

ま、すべてのパラメーターがパネルに出てることが理想ですけど、一方でコンパクトな魅力が失われてしまうのは悩ましいところ。
ただ、知らずに使うのはあまりにもったいないので、試奏の際はこれらの機能をアタマに入れておくとよいかなと。

詳しくはKORGのホームページから取扱説明書をダウンロードして読んでみてくだされ。

monologue買ってみた。

KORG シンセ

仕事にかまけてご無沙汰してます。

f:id:pyu-ta:20170328094219j:image

ということで、KORGの最新アナログシンセmonologueを購入しました。

昨年の秋に発表された時、正直なところピンとこなかったんですね。単なるminilogueのモノ版なのかと。

 

そもそもminilogueはポリシンセとして非常に出来がよく、同じ4音ポリのSYSTEM-1に比べ、長く弾いていても耳が疲れない心地よいサウンドが得られます。

V.A.のSYSTEM-1を使っているとよくわかることですが、単音でエッジの効いたサウンドが作れても、それでコードを鳴らすと時に不快に感じることがしばしば。

一方のminilogueではどうパラメーターを弄っても心地よくなってしまい、リードシンセとして使うにはやや押しが弱いという欠点もあったわけです。

 

だから、その単なるモノ版だとすると、あまり期待できないのかな、と早合点した次第。

ところがデモムービーのサウンドを聴くと、どうも予想と違う。気になって何度か楽器店で試奏してみた結果、こりゃ別物だなと。

 

そして、このシンセはminilogueの系譜ではなく、むしろ5年前に出たmonotribeの延長線上にあるシンセだ、と強く確信したわけです。

 f:id:pyu-ta:20170328104025j:image

凶暴なサウンドを生み出す超高速LFOもめでたく復活。ピッチ、フィルターはもちろん、波形変化(SHAPE)にも作用し、もうとにかくブリブリビリビリなサウンドが飛び出します。

またminilogueよりコンパクトになった引き換えにパラメーターが減りました。特にEGは簡素化され、新たにTARGETが設定されました。これによりスイッチひとつでサウンドを劇的に変化できます。もはやそこに音階は必要なくなり強烈なまでにmonotribe色がさらに増してきます。

 

この音源部をさらに活用できるのが16ステップシーケンサー

全てのステップがボタンとしてパネルに設置され、Volcaシリーズのように直感的な入力がしやすくなりました。

ベースフレーズに欠かせないスライド入力にも対応。またステップごとに4つまでパラメーターの変化も記録できるので、WAVESTATIONのウェーブシーケンスみたいな複雑なリズムも可能。

しかも鍵盤を押している間だけそのキーに追随したトランスポーズ再生もできちゃう多機能ぶり。もう最高です。

 

ちなみにフィルターを自己発振させたところ、音階が鍵盤に追随しなかったため「なんで?」と思ったら、エディットモードに"Cutoff Key Track"なるパラメーターがあるのを発見。

この他、ポルタメントやベロシティ設定もこちらにあるのでマニュアル必読。ただし本体に付属してないのでダウンロードして読みましょう。

 

ともあれ、これで税込み3万を切る実売価格、実に素晴らしい。

欲を言えば、あと1万高くてもいいから、ディレイもしくはmonotribeのようなリズム音源パートが欲しかったんですが…

ちなみに色はダークブルーかレッドかゴールドかで迷ってましたが、実物を見たところゴールドの質感が最高だったので即決しました。

 

 

iWAVESTATION現る。

KORG シンセ

https://www.korg.de/uploads/media/KR_Wavestation_1_571.jpg

1990年に発売された伝説のシンセKORG WAVESTATION。

4つの波形をミックスして複雑なサウンドを作ったり、異なる波形を32ステップに分けて並べてシーケンスパターンを組める、当時としてもかなり不思議なポジションのシンセサイザーでした。このテン年代なら、むしろアプリの方が相性いいんじゃないの?と思ってたら、ついに出てしまいました。

iOSアプリiWAVESTATIONのご紹介でございますぅ。 

と、ここまで書いておいてなんですが、なにぶん今朝落として10分程度鳴らしただけなので、詳しいことは書けませぬ。

KORG Gadget対応ということで、取り急ぎインスコした状況をキャプ。

f:id:pyu-ta:20161201212609p:image

ということで、続きは週末に。ご無礼します。

ARP ODYSSEiでYMOをカヴァーしてみた。

KORG シンセ

KORG Gadgetで"Lexington"ことARP ODYSSEiを使ってるうち、曲を作ってみようと思い立ったけど、音作りの勉強も兼ねてYMOの"NICE AGE"に似せてみようとやってるうちに、やっぱりカヴァーにするか、という流れからこうなりました。

著作権の都合上soundcloudではなく包括契約済みのYouTubeにアップしたので、相当適当な映像を付けてますが、よろしければぜひご覧くださいませ。

ちなみに、ドラムとギター以外は全てLexingtonを使おうとしたんですが、やはり結構な負荷がかかるようで、再生するたびにバリバリ鳴ってしまいました(iPhone7 Plus使用)。

そこでシンセの10トラック中、Lexingtonは5トラックに絞り、後は他のシンセガジェットで代用しています。

あいにく原曲が何の機材を使ってたのか無知のため、そこまで拘るつもりもないんですが、いまどきのEDMリードとは違うエグさのあるシンセだなぁということはよくわかりました。

 

【宣伝】11/26は『電磁マシマシ』

2012年4月から3年間プロデュースを担当していた番組が、半期に一度の復活でございます。

ゲーム音楽好事家には『リッジレーサー』『ドラッグオンドラグーン2』、シンセ好事家にはYMOのオマージュユニットOMYや、KORG DS-10&M01シリーズでおなじみの佐野電磁さんがパーソナリティを担当。

レギュラー時代の150回では、伊藤賢治さんや古代祐三さんらのゲーム作曲家、松武秀樹さんや氏家克典さん、福田裕彦さんらのシンセ大家をはじめ、KORG開発チーム、果ては「脳トレ」の川島隆太さんまで多種多彩なゲストをお招きしていました。

今回の152回では情報サイト「DTMステーション」の藤本健さんが3度目のご出演となります。

毎回キッチリした打ち合わせもないのに、とことん話を引き出していく佐野さんの話術にもご注目くださいませ。

 

 

ARP ODYSSEi、手のひらに降臨。

シンセ KORG

こりゃまた大変なことになりました奥様。あのARP ODYSSEYが、今度はiOSアプリとして蘇りました。その名もARP ODYSSEi。

ODYSSEYと言えば、moogの強力なライバルと言われつつ80年代に消えた老舗シンセメーカーARPの大ヒットモデル。界隈ではYMOのワールドツアーで細野晴臣氏が弾いてたとか、坂本龍一氏が持ってたとか、いろいろお馴染みなシンセです。

そのODYSSEY、去年KORGがアナログで完全復刻して話題となりました。

KORGと言えば、これまで自社アナログシンセのMS-20PolysixiOSアプリで復活させてきたわけですが、昨年オープンしたばかりのARPブランドまで載っけてくるとは予想外の展開であります。

まずは、復刻版実機のパネル。

f:id:pyu-ta:20161105110155j:image

続いてARP ODYSSEi iPad版のパネル。なかなかにいい復刻・夢気分です。

f:id:pyu-ta:20161105110227j:image

僕はiPhoneで使用しております。比率の事情で音源部とフィルター部が別画面になってますが、実機イメージを損なわないようレイアウトされています。流石。

f:id:pyu-ta:20161105111846j:imagef:id:pyu-ta:20161105111853j:image

これらのパネルは最も知られた"Rev3"と呼ばれる最終世代のものですが、追加オプションとして、発売当初のRev1と中期Rev2のパネルがそれぞれ600円で入手できます。リビジョンの特徴(フィルター)を利用したプリセットが50音付いてきます。

f:id:pyu-ta:20161105121058p:image

あいにく実機を持ってないので、好事家最大の関心事(似てる似てない)に言及できません。そもそも今回リリースされたODYSSEiはポリフォニック対応なんですよ、事もあろうに。ゆえに比較のしようがないのでござる。

このポリ化のチューニングには苦労されたのではないかと思いますよ。だって相当エグい音の出るシンセですから。

80年代までのアナログシンセは、モノとポリとで性格が分かれておりました。モノで放つ強烈な倍音をそのままポリ化すると、生理的にキツいノイズになるため、あのmoogと言えど、ポリシンセとなるとマイルドに骨抜き、もとい味付けされていました。そう考えると、ピアノという楽器の素晴らしさを改めて知ることになるわけです。

閑話休題

ODYSSEY実機を楽器店で小一時間ほど試奏した時、MS-20に近いな、だからKORGが復刻できたのかと思いました。簡単に言うと、波形が歪でフィルターが極端にピーキーな印象でした。moogジョン・クリーズとすれば、グレアム・チャップマン的な(説明などしない)。その意味ではODYSSEiにもその性格は受け継がれていると思います。

http://www.notesontheroad.com/images/stories/yings_links/Today_In/GrahamChapman/cleese_graham.jpg

さて、ひと通りプリセット音を堪能すると、パラメータの多さに俺はこれから何をすればいいんだ感が込み上げてくるところです。

定石通りパネルの左から手を付けていくと「あれ、波形はどこで選ぶんだ?あ、AUDIO MIXERに付いてんのか」など自問自答が増えます。2択のスイッチが多いせいでやたら決断を迫られるのも特徴ですが、そこは慣れるしかないでしょう。

細かな音作りが面倒な向きには、このアプリならではの遊びをひとつ。

PORTAMENTOスライダーを上げてMODEを点灯させた状態でコードを鳴らし、TRANSPOSEを上げ下げしてみると、上下2オクターブにまたがる壮大なポリフォニック・ポルタメントが楽しめます。ディレイを深めにかけてみたりノイズを混入したりすると、さらにご飯が進みますのでお試しを。

そうそうディレイで思い出しましたが、このODYSSEi、エフェクト類も大変充実しております。

f:id:pyu-ta:20161105223437p:image

バーブ、ディレイ、コーラス/フランジャー/アンサンブル、ディストーションフェイザー、EQと6種のエフェクトが同時に使えます。しかもノート以外に任意のパラメータまで制御できるアルペシエーターまで付いてます。

とどのつまり、iOSバイスの高性能化がここまでの仕様を収容できてるわけですが、反面高機能すぎてiPhone5S/iPadAir以上でないとインストールできなくなっております。現時点で最新のiPhone7 plusですら調子に乗るとノイズが乗るほどなので、メモリ管理にはくれぐれもご注意を。

さらにこのODYSSEi、iOSDAWアプリKORG Gadgetと連携し、"Lexington"ガジェットとして使えます。KORGのVAアプリでは初めてですね。

f:id:pyu-ta:20161105120228p:image

LexingtonつまりはODASSEiの存在感は別格で、他のGadget付属VAシンセが霞んでしまう勢いです。

もちろんRev1&2も選択できます(アプリ単体でメモリーしたユーザー音色は移植されない模様)。

f:id:pyu-ta:20161105181829p:image

ベースにはRev3、リードにはRev1なんて具合にトラックをLexingtonまみれにしちまうんですが、そのエッジゆえ多少聴きづらくなる傾向があるので、空間系エフェクトで音像を散らしていくのがコツかなと模索しております。

つかスマホで、あのODYSSEYのサウンドをですよ、ポリで鳴らせてですよ、何トラックも並べてですよ、挙げ句バランスに悩んじゃうとか贅沢の極みなんですけどね。

f:id:pyu-ta:20161105194842j:image

先日入手したnanoKEY Studioに接続してみました。当然ながらタッチパネルより弾きやすくなります。

ノブコントロールについて。アプリ単独だとあまり役に立たないパラメーターにアサインされてますが、GadgetのLexington使用時は、VCF FREQ、VCF RES、AUDIO MIXERの3スライダー、DRIVE GAIN、MASTERボリュームに設定されているので、そこそこの実機気分は味わえます。

なんだかんだで数時間遊んでいると、やっぱり実機が欲しくなってきますね、これは。で、ちょっと小銭が貯まったらこないだ出たばかりのモジュールに手を出させるって寸法だな?よっ、この宣伝上手!とヨイショをしたくなるところで、こんな記事が。

去年の復刻版はオリジナル版の86%のサイズだったんですが、今度はフルサイズ(FS)ですか…。

ODYSSEYも増殖X∞ですなぁ。