sh101's blog

ちょっとお小遣いを貯めればなんとかなるシンセを語る日々

真空管やら円盤やら…新音源スケスケシンセがトレンド?

先日KORGからvolca modular、volca drumの2機種が出たと思ったら、またもや新機種登場で、界隈は騒然としております。

https://cdn.korg.com/jp/products/upload/07887ab0a1001f02a115e9c90af92da6.png

ありそうでなかった青のvolca。黒とのグラデーションで引き締まったナイスなルックスですな。

数年前にKORGから発売されたのは知ってましたが、音楽用途で買おうとは思ってなかった真空管Nutube。
まさか音源として登板することになろうとは。パネルにも青々と輝くNutubeの勇姿がスケスケに曝け出されております。

ご存知の方も多いでしょうが、これまでKORGは、真空管をこれ見よがしに搭載した楽器をいくつか発売しています。

http://www.vintagesynth.com/sites/default/files/2017-05/emx1.jpg
vintagesynth.com

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/dc/Korg_TRITON_Extreme.jpg
commons.m.wikimedia.org/

これらの楽器では音源のアウトプットに、エフェクト的に真空管が使用されておりました。
"Valve Force"なんてフレーズも懐かしいですなあ。

ところが今回発表されたvolca nubassは、真空管オシレーターに採用しちゃった、というところがなんとも斬新です。
世にも珍しい真空管シンセサイザーであります。

実は「真空管シンセ」というフレーズに見覚えがあるな、と思ったらコレでした。

これはPC音源ですが、調べたところ、ハードでも真空管オシレーターに使用したシンセはありました。

当然気になるのはサウンドです。
見るからにアナログで、割ったら中から香ばしい匂いがプイーンと漂いそうな真空管ですから、これが音源ともなれば、随分な電子音が轟く予感がいたします。

volca nubassのオフィシャル動画では、キックとシンクさせていてわかりにくいため、単体の音はこちらで。

動画なので、圧縮やらなんやらでそのものズバリの音ではないでしょうが、意外と鼻摘まみ系な音です。
これまでのMS-20直系からラダーフィルターに変わったこともあるでしょうが、いい意味で存在感のある、端的に言えば癖のあるサウンドだなと思いました。

さて、真空管とは別に、一風変わったシンセも登場しております。

おなじみのICONさんによれば

そんなGamechanger Audioが今回お披露目した「Motor Synth」は、世界で初めて“電気機械方式”を採用したデスクトップ・シンセサイザー。光学式ディスクを小型の直流モーターで高速回転させ、ディスクに印刷された波形を赤外線フォトセンサーで読み取ることで音を生成するという、大変ユニークなシンセサイザー

だそうです。
しかも4音ポリの2レイヤー、シーケンサーとアルペジエイター搭載、CVアウトもあるということです。

なんというか、8つの円盤がクルクル回ってるだけで満腹感がハンパないのですが、実際にネット上でアップされている音を聴くと、不安定かつ不思議なサウンドです。
目を閉じて聴かないと、自分を見失いかねませんね、これは。

これらもアナログシンセとカテゴライズされるんでしょうが、これからのシンセは、アナログVSデジタルで語るものではなくなりそうです。
現場からは以上です。

moog、ポリなのかパラなのか問題。

先月24日、このシンセ動画がSNSを飛び交いました。
http://www.korg-kid.com/moog/wp-content/uploads/2018/09/Grandmother.jpg
あれ、去年発売したGrandmotherじゃないの、と思ったわけですが。
上の動画に映ってたのはこれ。

https://api.moogmusic.com/sites/default/files/styles/super_key_2x/public/images/2019-04/Matriarch_Wood_Background-26_web.jpg

今回発表されたのはMatriarchという新機種です。

49鍵 、アナログ4VCO、ステレオアナログディレイ、アルペジエイター、シーケンサー搭載で、おまけにモノ/2ボイス/4ボイスに切り替え可能とか。
さらにGrandmother同様、パネルには90ものパッチポイントがあり、モジュラー愛好家も満足できるかと。

まだ日本の公式サイトでは何のアナウンスもありませんが、本家サイトにおいて、本製品はポリフォニックではなく、パラフォニック・シンセと呼ばれています。

https://www.moogmusic.com/products/matriarch/

つまり実質4VCOのモノシンセだけど、2VCOの2音(デュオフォニック)にも、1VCOの4音にもなるよということです。
当然ながら音自体の厚みは、発音数が増えれば減ってしまうわけで、我々ニッポン人としては「KORGのMono/Polyみたいな感じだね」と考えればいいんでしょう。

夏に発売とのことで、アメリカでの価格は1,999ドル(約22万円)だそうです。
Grandmotherの2倍強の価格ですが、何かを我慢すれば手を出せる方も多いでしょう。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fa/Moog_Polymoog_Synthesizer.jpg

思えばmoogというメーカーは、誰もが認める超老舗でありつつも、ポリシンセについてはPolymoogやMemorymoog以降40年近くノータッチ、アウト・オブ・眼中、作ってやるもんか臭が濃厚でした。

そもそもPolymoogの開発にはモーグ博士が関与してなかったそうで、同社にとってのポリフォニックとは、まあその程度のアレか、ということでしょう。

ところが、最近のモーグはこんな製品を発売しています。

このMoog One、8voiceは5,999ドル(約67万円)、16voiceは7,999ドル(約90万円)とのこと。

こちらも日本では販売されていませんが、かつてのProphet-5やJUPITER-8などの値段を見慣れていると、そこまでの高値感はありません。
ましてやMatriarchの値段を考えれば妥当な値付けとも思えます。まぁ買えませんけど。

RolandのJD-XA、KORGのprologue、minilogue xdといった国産のハイブリッドシンセ群に対し、SequentialはProphet-6、元祖モーグMoog Oneのアナログ・ポリシンセを出してきたのが、80年代初頭のリバイバルかよ、的な様相を呈していて、ちょっと懐かしく嬉しい感じもあります。

TORAIZはどうなるんでしょうなぁ

時代が令和に移りまして、平穏な日々が続きますようにと人々がささやかに祈る中、不穏なニュースに心ここに在らず、というニッチの皆さんも多いかと。

かねてから「飛ばし」と誉れ高きメディアの発信ゆえ、真偽の判定は時間の経過に任せるとして、もし記事の通り、近い将来Pioneer DJという企業がどこかに売却されたとしても、それ以上のハナシではないのかなと思います。

つまり、どこかに売却されたところで突然洋菓子メーカーなんぞに転身するわけもなく、今後もDJ関連機器が作り続けられるのだと思います。

もちろんその際は日本の企業じゃなくなる可能性は高く、ブランド名が残るかどうかも、買い手の気分次第なので全くわかりません。

個人的には、50年の人生で最もハマったシンセTORAIZ AS-1が、このPioneer DJの製品だけに、今後のケアだのラインナップだの気になるところですが、実は半分諦めがついていたところもあります。

というのも先月発表されたTORAIZブランド第3弾、SQUIDがDave Smith Instruments(現Sequencial)との協業商品ではなくなったからです。

https://www.pioneerdj.com/-/media/pioneerdj/images/products/production/toraiz-squid/toraiz-squid-top.jpg

なるべく機材を集約したい個人的な思いとは逆に、タコ足配線必須の製品(名前が「イカ」なのは何かの冗談かと)なので紹介は控えてましたが、こちらの情報ではなかなかすごいスペックのシーケンサーだとわかります。

シーケンスがDAWの一機能として当たり前となった今、絶滅したハードに目を付け、考えつくだけの多彩な機能を盛り込んで、唯一無比の製品を作り上げたことは特筆ものです。

こんな機器を独力で企画開発したのだとすると、現在のPioneer DJ=TORAIZは楽器メーカーとして、相当な発想力と開発力を備えているとも言えます。

一方、現時点ではAS-1の開発を最後に、旧DSIとは2年ほどパートナー関係に進展が見られないままです。
先方がSequential社となった時点で契約内容が変わった可能性はありますが。

海外の掲示板で指摘されているシンクの不具合や、発売直後からそのままのソフトウェアは、Sequential社の協力抜きには対処不可能なはずで、今後もこのまま放置されると考えていいでしょう。

この件については売却に関わらず、結果的には同じかと思うわけです。

あとはどんな経営体制になろうと、どの国のメーカーになろうとブランド名が変わろうと、これまでのノウハウが継承され、2年に一度くらい驚くような新製品さえ作ってくれれば、一介のシンセ好きとしてはまあいいか、と今はそんな心境でございます。

テルミン熱、再燃(自分が)

こんなブログを覗きに来るようなダメ紳士淑女の皆さまには説明不要かと存じますが、シンセサイザーの祖にあたるロシア生まれの「テルミン」という電子楽器があります。

存在そのものは、ザ・ビーチボーイズ最大のヒットソング"Good Vibrations"や、古今東西SF映画などでマニアには知られてましたが、日本で一般層に知られるようになったきっかけは、2001年公開のこの映画だと思います。

テルミン ディレクターズ・エディション [DVD]

テルミン ディレクターズ・エディション [DVD]

この公開前後、我が愛知県が誇る竹内正実さんを筆頭に、テルミニストなる演奏家にスポットが当たり、テレビ番組でもテルミン特集が組まれ、触れずに豊かな演奏ができる楽器という認知が広まりました。

毎日文化センター(名古屋)|器楽|テルミン初級&マトリョミン

都市部のカルチャーセンターにもテルミン講座が生まれたり、「俺は昔から知ってるぞ、吉田テルミン!ガッハッハ」なんてオヤジギャグが飛び交ったのもこの頃でした。

ワタクシも件の映画を観に行き、学研の『大人の科学』のテルミンminiや、こんな小型テルミンを購入し、ささやかながらブームに貢献したクチです。


http://www.xecoo.co.jp/News/XMT2.htm

https://assets-atlasobscura-com.cdn.ampproject.org/i/s/assets.atlasobscura.com/article_images/49923/image.jpg
image:Atlas Obscura

テルミンは通常ピッチとボリューム、2本のアンテナを両手でコントロールして演奏する楽器です。

しかし前述のテルミンminiはピッチのみ、xecoo製テルミンは音量制御に光センサーを採用しており、屋内ではうまく作動しないこともありました。

https://i.ebayimg.com/00/s/NzY4WDEwMjQ=/z/8HkAAOSwVZ1cavF6/$_86.JPG

2001年当時、本格的に演奏できる市販品は、モーグのEtherwave以上の高価なものばかりでした。
[注]2019年現在、Etherwave Standardは5万円程度で買えます

そんなプチブームが一段落した2008年、学研が2基のアンテナ搭載の「テルミンpremium」をリリースしました。
たまたまお小遣いに余裕があったのか、すぐに購入しました。

どことなく家電感の高いパッケージ。
若い女性への訴求なのか、『ウゴウゴルーガ』(フジテレビ)でおなじみの小出由華さんの姿が。

箱から出してアンテナを取り付けたところ。白い筐体がなんともポップ。

本体だけ見ると、家電感がさらに高まります。
「ひとり暮らしの女性にも優しいインターホン」みたいな。

ほぼ10年ぶりに弾いてみましたが、アース用のゴムバンドが劣化していた程度で、しっかり音も鳴りました。

ただ当時も同様ですが、低域のレンジが極端に狭く、演奏の難易度はそこそこ高いというのが実感。
ボリュームへの干渉を考えると、アンテナからの有効距離は15センチ程度なので、まともに使えるのは高域の2オクターブほどとなります。

とは言え電池駆動でスピーカー内蔵、外部出力端子もついて9千円前後という驚きの価格。
コストパフォーマンス的には2019年現在でも充分素晴らしいと思います。

10年前にはなかったmini Kaoss Padを接続し、エフェクトをかけてみた図。
これがまたベストマッチングで、とんだ時間泥棒になりました。

ところで、どうして今さらこのテルミンを引っ張り出してきたのかというと、ある家庭の事情で僕がテルミンを弾ける、なんて話が出て、近日中に人前で披露するハメになってしまったからであります。

その機会がボーナス日を跨ぐようなら、いっそのことこっちを買ってもいいかなと思ってます。
VA音源ですけどね。

テルミン博士の姪っ子であらせられるリディア・カヴィナ女史が、表情豊かにノリノリで演奏してます。
これ見てたら原理主義も一掃されること請け合い。

そういやテルミン、今年から来年にかけて開発100周年じゃなかったかな。

僕も50代に突入したんで、老後に備えて打チコミスト兼テルミニストの道へ歩み出そうと画策してます。

TORAIZ AS-1とKORG Gadgetで1曲でけた(4/20追記)

TORAIZ AS-1だけで曲を作りたくて、相方をKORG Gadget(iPhone版)に定めて以来、いろいろとやってました。

しかしここ1ヶ月、本業が忙し過ぎて、なんとか暇を見つけては16小節作って、また暇ができると前の作業に飽きちゃって新規ファイル作成を延々繰り返し、結局最初に完成できたのが、なんだよカバーかと。

4/20追記
曲の構成を直し、クラッシュもAS-1で作り替えて再アップしました。

これ、いわゆる「モンド」という言葉の発祥であらせられる映画『世界残酷物語』(原題"Mondo Cane")の主題曲「モア」です。
イタリア映画音楽界の巨匠、リズ・オルトラーニの代表作。
60年近く前の曲ですが、僕はこの曲をこのアルバムで知りました。

クール・クラブ・シネマテーク

クール・クラブ・シネマテーク

最初はオリジナル曲をと思い、鼻唄にコードをつけていたら、この曲と同じ進行になってしまったので、それならカバーで行こうと軌道修正した次第です。

カバーということで現状YouTubeかニコ動にアップする他なく(Soundcloud等ではご法度)、画は"STAELLA"というビジュアライズ・アプリでお手軽に作ってます。

STAELLA - Music Visualizer

STAELLA - Music Visualizer

  • monocro
  • ミュージック
  • 無料

音的な特徴としては、最初に書いたように音をすべてAS-1で作ったこと。
たったそれだけの話なんですけど、一台のハードシンセで全パートの音を作るなんて、もしかしたら中学生の時以来かもしれない。

で、リズムパートはDropBox経由でGadgetの"Bilbao"に取り込んで加工しています。

クラッシュには難航し、最初のバージョンではアプリ内のPCM波形で代用したけど、結局AS-1でアタックとディケイの音を別々に作って被せたらそれらしくなりました。
意外とイマドキのリズムが作れたと思ってますが、いかに。

なお"Bilbao"以外では、Gadgetで作成したフレーズを"Taipei"経由で鳴らし"Zurich"に入れたものもあれば、サンプラーガジェットの"Vancouver"に波形をブッ込んで鳴らしたパートもあります。

ちなみに"Vancouver"のサンプリングタイムは10秒。うまくループポイントを作ればコードもしっかり弾けます。

そぉ。AS-1の波形がポリフォニックで鳴らせるのです。
つまりはProphet-6化ができるのだウヒョー!

…書いててさもしくなってくるのですが、時間軸でモジュレーションかけちゃうと、キーごとにレイトが変わっちまって、もうボロボロだけどね。
それでもAS-1の音色はWAV化しても音痩せしないんで、それは大したもんですよ、ええ。

ただミックスで困ったのは、AS-1の音ひとつひとつにエッジが効きすぎて、全体のバランスを取っただけでは曲の質感が乏しくなってしまう点。

そこでマスターには、例のDeeMAXを使用しております。調子に乗って音圧をガンガン上げちまうと、スネアのアタックが潰れるので、レベルをどこに落ち着けるか結構悩みましたけども。

とりあえず生存報告でした。

『見て楽しむ アナログ・シンセ図鑑』読書感想文

ピエール瀧逮捕という今年最大の衝撃に突き動かされ、街を徘徊していたら書店でこんな本を見つけました。

シンコーミュージック・エンタテイメント刊で税抜き1,800円也。

奥付を見ると発行日が2018年6月10日とありました。
つまり発刊以来10ヶ月もの間、その存在に気づかなかったわけで、読者諸兄がご存知の中で僕だけが知らなかったという、背中に「バカ」と書かれた中学生状態かもしれません。

とは言え、なかなか面白い本ゆえ、僕並みに情弱な方がいらっしゃれば、なんとか救いにならないだろうか、早く背中に「バカ」と書かれているのを知らせられないものかと思い、筆を執る次第であります。

この本、松武秀樹さんと難波弘之さんという、過去にお仕事させていただいたおふたりの対談からスタート。

ちなみに難波さんが担当番組に持ち込まれたコルグ700Sには、コルグの工場で行ったという改造が施されていました。

そして松武さんといえばあのMOOGⅢc。
この名機から1987年まで製造されていたSEQUENTIAL CIRCUITSのMulti-Trakまで、アナログシンセ(プラスα)が50機種紹介されています。

なお掲載順は巻頭のMOOGⅢcを除き、アルファベット順でメーカーごと、製造年順に各1〜8機種となっています。

どの機種の画像も大判で、パネルのフォントもしっかり読み取れるほど高精細。
解説文に書かれた特徴あるパラメータの位置もわかり「あー、鳴らしてみてぇ」と唸ること必至です。

ただほとんどの機種に傷ひとつなく、色褪せも見られない美品状態で撮影されているんですが、発売から40年前後も経た金属&樹脂製品の保存状態がここまで良いはずはないと思われ、それなりのフォトショ美人になっているのが推測されます。

「もしも、こんな新品シンセに出会ったら…」というドリフ大爆笑でも叶えられそうにない夢を実現してくれる点で、ありがたい配慮とも言えます。

機種の選定はちょっと独特です。
例えばローランドの項目では、おそらく所有者も多かったであろうSHシリーズはわずかにSH-3のみ。個人的にはレイアウトが絶妙なSH-1を見たかったところです。

ヤマハは初号機SY-1をはじめ、CS-10以降のラインナップを追いつつも、なぜかモンスターマシンとして名高いCS-80がありません。
ただ学校教育用に作られたというSY20の画像には驚きました。パネルに表記された丸ゴシック体のカナ文字はかなり斬新です。

一方コルグは前述の700SからPolySixまでの流れをわりと丁寧に追ってる印象。
同様にモーグやシーケンシャル・サーキットも代表機種はほぼ網羅されています。

個人的に驚いたのは、MOOG The Sourceが、あのMinimoogの後継機だった、という記述。
学生時代(90年前後)何度か実機を見かけたんですが、あの妙にポップな色使いやボロボロになったフィルムスイッチを敬遠して、音を出したことがなかったんですよ。
まさかフルアナログだったとは。

そしてシーケンシャル・サーキット唯一のモノシンセPro-One。いま僕が夢中なAS-1の年上のはとこのような存在で、Prophet-5譲りのパラメータ群に目が釘付けです。

過去のシンセをWeb検索してもサイズが小さくて、どんなパラメータがあるのか知る由がなかったという貴兄におススメです。よかったらぜひ。

nanoKEY StudioでTORAIZ AS-1を鳴らすの巻。

前回の続編のようなものです。

KORG Gadget 2で新たに登場したガジェット"Taipei"で、TORAIZ AS-1をコントロールできるのに歓喜する俺、というのが前回の大まかなあらすじでした。

このAS-1、コンパクトなのに音もズバ抜けて良く、操作性も決して悪くはないんですが、いくつかの「こうなったらいいのにな、Pioneer様」を思い浮かべることがあります。

それは、

  • たまには1オクターブ以上のフレーズ手弾きしたいよね。
  • たまにはベロシティつけて弾いてみたいよね。
  • たまにはノブで他のパラメータをいじりたいよね。
  • たまにはリアルタイムでシーケンス作りたいよね。
  • たまにはモーションシーケンスもやってみたいよね。

というような些細なことであります。

もちろん、MIDIキーボードを繋いで、ノートPCでDAWなんぞを立ち上げればあっさり解決するのですが、困ったことにACアダプターすら繋ぐのが億劫というモノグサですし、曲を作る時はたいてい寝ながらという製作体制ゆえ、とにかく省スペース化が最優先案件なのであります。

それをある程度解決してくれたのが、KORG Gadget 2の"Taipei"だったわけですが、iPhoneの画面を見ていたところ…

あれ?こいつってもしかして…
ノブの数とかパッドとか、これと同じじゃねーの?と思ったわけです。

我ながら遅いよ、思い出すのが。

そういう経緯で、このセットが2019年3月7日時点で我が家の最新楽曲制作システムとして構築されたのであります。

もともとnanoKEY STUDIOは、KORG Gadget専用コントローラーのようなものですので、フィジカルなノブ操作はもちろん、前回書いた"Taipei"のX-Yパッドの大きさ問題も解消されます。

残すはプログラムチェンジだけか…

ま、いずれにしてもいい時代になったもんです。